8/31(木) 2:00配信 毎日新聞
 京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)らの研究チームは、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病の治療法について、サルの実験で有効性や安全性を確認したと発表した。論文が31日、英科学誌「ネイチャー」の電子版で公開される。高橋教授は人間の治療の実用化を目指し2年間の治験を来年度中に開始したいとの意向を明らかにした。

 パーキンソン病は足の震えや筋肉のこわ張りなどの症状が出る神経難病。脳内で神経伝達物質「ドーパミン」を作る神経細胞が減少することが原因で、国内の患者は約16万人とされる。高橋教授らは、ドーパミン神経細胞の一歩手前の「神経前駆細胞」をヒトのiPS細胞で作製し、脳に移植することで病気を治す方法を研究している。実験では、パーキンソン病の状態にしたカニクイザル8頭の脳内に神経前駆細胞を移植。前後の動作をビデオ撮影して解析した結果、移植前はほとんど動かず足が震えるなどの症状が出ていたが、移植後はうろうろしたり、立ち上がったりした上、足の震えも治まっていた。

 高橋教授によると、患者の治験では他人由来のiPS細胞を使い、今回の実験と同じ手法で実施する方針。【野口由紀、池田知広】