中央法規出版株式会社は、7月14日に「ココが変わる! 2018年介護保険改正のポイント」を刊行した。
本書は、「現場とともに歩む」「専門性が高まる」「実践者が働きやすい環境をつくる」をコンセプトとした月刊誌「ケアマネジャー」の臨時増刊号と位置付けられている。

2017年5月に成立した介護保険法の改正は、サービス利用の3割負担や2号保険料の総報酬割導入、共生型サービス等の新サービス創設など、介護現場で働く専門職の業務に大きく影響する内容となっている。本書はそれらの改正内容をイラストや図表を交えて、何がどう変わるのかをわかりやすく整理。介護保険制度の大きな流れやロードマップをしっかり押さえることができる。

2017年6月までの介護・診療報酬に関連する議論等から、サービス別に2018年の介護報酬や基準の改定内容を予想しているのもポイントだ。著名人のスペシャルインタビューや「生活困窮者」に対する支援策なども含まれた、盛りだくさんの内容となっている。

改正・改定にいち早く備えたいと思うケアマネジャーは、ぜひ手に取ってみてはどうだろうか。価格は1,296円(税込)。

◎中央法規出版株式会社
https://www.chuohoki.co.jp/magazines/caremanager/20170702000000.html

ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】