ツクイ(横浜市)は今月から、全国で運営するデイサービス事業所や有料老人ホームを中心に、高校生のアルバイトの募集を始めると発表した。清掃や食事の配膳、レクリエーションのサポートなど、資格や経験がなくてもできる業務を任せ、専門の介護スタッフに、移乗介助や入浴介助といった業務に専念してもらうことで、介護現場の働き方改革を進める。同社では、今後1年間で約100人の採用を予定している。

同社は昨年、仕事を退職したシニア層や主婦らをアルバイトとして雇い、介護の周辺業務を担ってもらう「ケアサポーター制度」を開始。同年秋には、一部のデイサービス事業所で高校生を試験的に採用した。

高校生のアルバイトからは、「しんどい仕事だと始めは思っていたが、人のために働く楽しさが介護にはあると実感した」「お客様が笑顔になってくれたり、『ありがとう』と言ってもらえたりすると、とてもやりがいを感じている」といった声も上がり、採用を全国に広げることを決めた。

プロジェクトを始める契機となったのが、今年春に入社を予定している職員の声だった。その職員は、学校で受けた介護の職場体験がきっかけとなり、介護業界で働くことを決めたという。「若いうちから介護現場を体験してもらうことが、今後の雇用の拡大につながると考えた」(同社広報)。

同社では、リクルートジョブズ(東京都中央区)の協力を得て、高校生のアルバイトの採用を進める。採用後は、ツクイの教育担当者が入社時の研修などを行うことで、同社では「介護の知識や技術がなくても、安心して働ける環境を整える」としている。

ケアマネジャーのための専門サイト
【ケアマネジメントオンライン編集部】

(-^〇^-) ハハハハと、笑ってはいけないが、、、要は、末期的な介護業界の人手不足を高校生のアルバイトで賄おうと言うことですね。

以前いた施設は外国人労働者に頼っていました。

6Kと言われる昨今、高校生にまで触手を伸ばすとは、コワィヨ―゚。・ヾ(。>д<。)ノ・。゚―ッッ!!!